BLOG

ブログ

ブログ

ナラ 木材について

ナラ
科目 ブナ科コナラ属 落葉広葉樹
産地 北海道から本州、四国、九州に生育。樺太、千島。外材としては中国産、ロシア産が主に使用されています。
色調 黄褐色から灰褐色。
性質 重硬で木目がくっきりしています。
用途 家具材、内装材、建具材、床材、洋酒樽、化粧用単板など幅広い用途に使われている。曲木の材料に適しています。
ナラの特徴

ナラの木材としての特徴は、硬く重硬で木目がくっきりしていることです。欧米では特に人気の高い樹種です。日本ではロシア産のナラが多く使用されています。

耐摩耗性に優れているため永くご使用でき、毎日のお掃除によるお手入れが容易な商品です。

柾目には斑がみられ、その模様は虎の毛並みに似た様相から虎斑(とらふ)と呼ばれ珍重されています。乾燥の際に割れが生じやすいので、注意が必要です。


CONTACT

お見積もり・お問い合わせ

ご質問や不思議に思うことどんなことでもお問い合わせください。
私どもも些細なことでもヒントになることがあります。
思い当たることなんでも結構ですので、お気軽にご連絡ください。