BLOG

ブログ

ブログ

栗(クリ) 木材について

栗の木
科目 ブナ科クリ属 広葉樹
産地 北海道南部から本州、四国、九州に分布。
色調 辺材はやや褐色を帯びた灰白色、心材は褐色。
性質 強度は比較的大きく、とくに粘りがあります。切削などの加工はやや困難であり、乾燥も難しい方に入る。心材の耐朽性がきわめて高いです。
用途 坑木、土木用、木造家屋の土台、浴室 用材。
栗の特徴

栗(クリ)は、重硬で高級感が有り、優れた寸法安定性が有りサイズの狂いが少ない木材です。耐摩耗性に優れているため永くご使用でき、また毎日のお掃除によるお手入れが容易です。

栗(クリ)は、心材の耐朽性がきわめて高いため、坑木、土木用(杭、橋梁、水道木管など)にも使われ、ほかには木造家屋の土台、浴室用材として使用されます。


CONTACT

お見積もり・お問い合わせ

ご質問や不思議に思うことどんなことでもお問い合わせください。
私どもも些細なことでもヒントになることがあります。
思い当たることなんでも結構ですので、お気軽にご連絡ください。