BLOG

ブログ

ブログ

日本と欧米、木材の好みの違い

欧米と日本の文化の違い
日本と欧米の木材の好みの違い

日本では桧(ヒノキ)・杉(スギ)など柔らかい木材が好まれ、欧米ではチークやローズウッドなど硬い木材が好まれます。

この好みの違いは、どうしておこったのでしょうか?

それは、靴を脱いで生活する文化と、そうでない文化の違いに集約されるのではないでしょうか。

日本好み

日本人に好まれる桧(ヒノキ)・杉(スギ)などは、やわらかく肌触りの良い材質とされています。これは、日本人が家の中を「裸足」で過ごすことに起因します。床に座り、床に寝ることもあります。靴をはかないで歩くなら、硬い材質よりも柔らかい材質が心地よいです。

欧米好み

一方、欧米で好まれるチークやローズウッドは、調度品にも使用され、靴で乗っても傷のつきにくい硬い材質です。頑丈さが大事ということですね。


CONTACT

お見積もり・お問い合わせ

ご質問や不思議に思うことどんなことでもお問い合わせください。
私どもも些細なことでもヒントになることがあります。
思い当たることなんでも結構ですので、お気軽にご連絡ください。